贈り物として選ぶときにも役立つ!?日本酒の豆知識を分かりやすくご紹介!

当サイトは贈り物として選ぶときにも役立つ、日本酒の豆知識を分かりやすくご紹介しています。
様々な機会にギフトとしてお酒を贈りたいのであれば、ぜひ参考にしてお酒が好きな人に喜ばれるものを選びましょう。
吟醸酒や大吟醸酒は高級なお酒の代名詞です。
高級感のあるギフトを選びたい場合に適しています。
また表だけでなく裏も要チェックするのがおすすめです。
裏ラベルはお酒選びのヒントが多数あるので、見逃すことのできない部分です。

贈り物として選ぶときにも役立つ!?日本酒の豆知識を分かりやすくご紹介!

健康的な楽しみ方をすることで人生を豊かにしてくれるお酒は、贈り物にするのにも相応しいアイテムです。
そのような日本酒の中でも大吟醸酒は。
精米歩合が5割以下という贅沢なお酒です。
また吟醸酒は精米の歩合が6割以下となっています。
香り高い日本酒であるため贈り物にするのにもピッタリです。
古酒は蔵で3年以上もの期間、熟成させたという長期熟成タイプの日本酒です。
深い味わいがあるとして、好きな人からよく好まれています。

日本酒の選び方のポイントにもなる特定名称酒とは?

日本酒の選び方のポイントには、特定名称酒というものがあります。
これは、国税庁が定めている「清酒の製法品質表示基準」の要件を満たした日本酒のことです。
大きく分けて、吟醸酒・純米酒・本醸造酒の3つに分類されます。
吟醸酒は原料や素材を吟味しながら醸造されており、白米をじっくりと低温で発酵させているので特有な香りがします。
大吟醸酒はさらに丁寧に作られており、50%以下の精米歩合であることが条件です。
また純米酒は、アルコールの添加がない純度の高い酒となっています。
酒蔵が独自に開発して差別化をしたいときには、特別純米酒という名称を使います。
さらに純米吟醸酒と純米大吟醸酒もあります。
そして、米と米こうじに醸造アルコールを添加したものが本醸造酒です。
サトウキビやトウモロコシといった様々な原料と強めのアルコールをブレンドしているので、キレのある味わいとなっています。
原料となる白米の総重量の10%以下であると、特別本醸造酒となります。
現状では、この8つが特定名称酒と認められています。

オンラインショップで日本酒を販売するときに必要になる免許とは?

オンラインショップで日本酒を販売しようと思ったら、「通信販売酒類小売業免許」というものが必要です。
この免許を取ると氏名等が公表されます。
これがあってもお酒を販売できる種類には限りがあります。
国産のお酒は年間の品目ごとに、課税移出数量というのが決められているからです。
その量は3000L未満の製造者という制限があります。
オンラインショップで日本酒を販売するためには、仕入先や量、場所や方法等を計画して申請する必要があります。
申請する場所は、受発注を行う事務所の所在地のある税務署です。
取得に掛かる料金は1件につき登録料金として3万円ですが、これとともに登録税を納付した時の領収書を、用紙に貼付して提出する必要があります。
各種の証明書を発行してもらうためには、それぞれ手数料が掛かります。
インターネットで日本酒を販売するときでも、未成年にお酒を売ってはいけないということは、変わりありません。
同業者に売ってはいけないというのもあります。
この資格が取れたら、販売所ごとに「酒類販売管理者」を選任し、選任してから2週間以内に届け出を出してください。
そうしないと罰金を取られます。

日本酒といえば純米酒!水と麹以外はお米だけで造ったお酒

日本酒は一定の要件を満たすと特定名称酒として、純米酒・吟醸酒・本醸造酒などに分類され、純米酒は水と麹以外はお米だけで造られた日本酒のことを指します。
アルコール添加物を含んでいないのが大きな特徴で、特定名称酒の中で最も深いコクやお米の旨みを感じられる日本酒となっているので、初めて日本酒に挑戦する人にもおすすめできるといえます。
さらには精米歩合や製造方法、香味などでも細かく名称が分かれていて、吟醸造りで製造された純米タイプを純米吟醸酒、または純米大吟醸酒と呼びます。
より精米された白米を低温でゆっくりと発酵させることで、吟醸香と呼ばれる特有の香りを持つように造る製法が吟醸造りとなります。
しかし、純米吟醸酒・純米大吟醸酒と名乗る場合には、精米歩合に条件が定められていて、純米吟醸酒の精米歩合は60%以下、純米大吟醸酒の精米歩合は50%以下に規定されているので、純米大吟醸酒の方がより多くお米を磨いて造られているお酒ということになります。

日本酒は大きく分けると普通種と特定名称酒の2種類

同じ日本酒と呼ばれるものであっても、また同一の銘柄であっても味わいが全く異なることがあります。
それは、実際に飲まれたものが、特定名称種として定められているものであるかという事も影響しているのです。
前に飲んだお酒がとても美味しかったから、同じ名前のものを注文したが美味さが全然違ったという経験がある方も多くおられます。
それは、その日本酒とはお米をこして造られたものではあるのですが、それが特定名称酒なのかそうではないのかが風味の相違につながっています。
特定名称酒とは原料の米をどのくらい削っているか、または純米酒であるかという条件をクリアして醸造された清酒です。
一方普通種とされるものには含まれる原料や精米歩合に決まりはなく、そのために低価格帯となっており広く楽しまれているのです。
特定名称酒も精米度はクリアしていても醸造アルコールを使用していたリ、原料が米と水だけになっていたりと複数の種類が存在しています。
このように日本酒にも様々な種類があるのですが、大別すると特定名称酒と普通種に別れ趣向にもよりますが風味は大きく異なるのです。